ベトナム情報

ベトナムに行くならダナンに行くべき理由!【東南アジアのハワイ】

ベトナムの真ん中にあるリゾート地「ダナン」。東南アジアのハワイとも称されるこの場所は多くの観光客が訪れる東南アジア屈指の観光地です。


また日本からダナンまで直行便もでき、飛行機でおよそ6時間ほどで行くことができます。なぜそれほどダナンが人気であるのか、今回は実際にダナンに行った僕が徹底解説したいと思います。

 

ベトナムの主要な港湾都市「ダナン」とは?

近年注目を集めているベトナム中部に位置するリゾート地ダナン」

 

うっとりするような美しい海”ホワイトサンズ”と呼ばれる白砂のビーチが続く沿岸地帯は、ここ数年で5つ星の高級リゾートホテルが次々と建設されており、アジアのみならず、欧米諸国からも熱い注目を集めています。

 

日本からもゆったりとしたバカンスを楽しみたい旅行客からの支持が高まっている注目のエリアでもあり、「東南アジアのハワイ」とも称されている大人気スポットです!

ダナンのオススメスポット!

 

ホイアン

ダナンに来たら絶対に外すことができない世界遺産「ホイアン」

 

ノスタルジックな雰囲気が漂うベトナムの古い街並みは、歩いているだけで気分が上がる素敵な場所です!ベトナムらしいお土産屋さんやおしゃれなカフェ、レストランがたくさん立ち並んでいるので¥¥ので、1日中歩き回って楽しめます。

 

またホイアンといえば有名なのが、 色鮮やかに光る「ランタン」 。美しく光り輝くランタンを見に、是非ホイアンへ足を運んでみましょう!

また『ホイアン』の関連記事もあるので参考にしてもらえれば幸いです。

[kanren postid=”798″]

 

マーブルマウンテン

ダナンとホイアンの中間地点にある5つの連山 「五行山」 。チャンパ王国の遺産もある由緒正しい山で、ダナンの象徴的存在です。

山々は 金・木・水・火・土の宇宙を構成するといわれ、それぞれに名が付けられています。3つある洞窟の中でも、 仏壇が安置される「ドンヴァントンダナン」はメインスポットの一つです

 

さらに山の上に登ることもできるのでトレッキングにぴったり!頂上から一望できる南シナ海が本当に綺麗です!

↑頂上はこんな感じです!

 

ロン橋(ドラゴンブリッジ)

ロン橋(ドラゴンブリッジ) 」は南シナ海に注ぐハン川に架かる大きな橋で、 金色の巨大な龍の橋のインパクトのある外観は遠くからでも目を引きます。

夜になると様々な色にライトアップ されてより一層見応えがあります。毎週土曜日の夜8時から龍の口から炎や水が吐き出されるイベントがあり、地元の人で賑わいを見せます。

 

ダナン大聖堂

 

「ダナン大聖堂」はチャンフー通りの一角にそびえ立つローマカトリックの大聖堂です。薄いピンクの外観が美しく、高さ70mの尖塔の上には鶏の像がありミサの時だけ見学可能な内部のステンドグラス とバラの窓 はとても魅力的です!

 

教会外回りのマリアやイエスの石像も必見です。キリスト教徒が少ないベトナムの大聖堂は珍しいのでぜひ訪れてみてください。

 

ハン市場

「ハン市場」 はダナン観光で外せない市場でのショッピング。ダナンの2大市場の内の一つで、外国人観光客も多く訪れることで知られています。

 

2階建てで、中央が吹き抜けなので開放感たっぷり。ローカル向けの新鮮な魚介や野菜、服飾や雑貨などお土産選びに最適なお店まで種類も様々で、楽しんでショッピングをすることができます。

 

僕もハン市場でノースフェイスのバックパックを買いました。普通だとかなり値段がするのですが。ここで買った時は2500円ほどで買うことができました。

↑おばちゃんが安くまけてくれました!ありがとう!

コン市場より規模は小さいですが、観光客向けなので存分に楽しめます!

 

コン市場

「コン市場」は商業都市ダナンの2大市場の一つとされる、ブンブオン通り沿いにある ダナン最大規模の市場 。

 

日用雑貨から食料品まで揃い、ダナンの人々の生活風景を見ることができます。広い敷地の狭い路地には多くのお店が密集し、日本では味わえない雰囲気を楽しめます。

 

ローカル気分を思う存分に味わうことができますよ!!

ダナンの観光シーズンはいつ?

 

ベトナムダナンは3月~8月が乾季になります。そして、5月〜8月は海に入れるので綺麗な海でビーチを満喫したい方はこの時期がおすすめなんです。

 

そのなかでもベストシーズンにあたるのは晴天が多い、5月~8月。ビーチを楽しみたいなら、ゴールデンウィークや夏休みの時期に行くのをおすすめですね。また、特にビーチにこだわりなく観光のみであれば、3月4月の春休みが狙い目ですね。

 

僕は特にビーチにこだわりがなかったので、大学の春休みに行きました!!

 

ダナンに行くにはどの飛行機がオススメ?

 

日本からベトナムのダナンへは、成田空港と関西国際空港からダナン国際空港行きの直行便を利用するのが一般的です。乗り継ぎ便で安く行くことも可能ですが、よりスムーズに行け、観光時間が長く取れる直行便を利用することをおすすめします。

成田空港初ダナン行き

成田からは、ベトナム航空がダナン行きの直行便を運行しています。

 

ベトナム航空利用の場合、追加料金なしで40kgまで荷物を預けることが可能です。また、2016年よりANAがベトナム航空とのコードシェア便の運行を開始したため、ANAのサイトからも直行便の航空券を購入することができるようになっています。

 

関西空港初ダナン行き

関西国際空港からダナンへは、格安航空会社(LCC)大手のジェットスターが直行便を運行しています。

 

安さが魅力で、荷物制限などは少し厳しくなりますが、航空券代を抑えた分ホテルや現地での食事に予算を回すことができるのでおすすめです。

ジェットスターの手荷物は7kgまでとなっており、サイズの制限も厳しいので手持ちのバッグのサイズや重さが機内持ち込み可能サイズをオーバーしていないか慎重にチェックする必要があります。機内食はなく、座席幅が狭いと感じるかもしれませんが、何よりとても安いので人気です。

 

ダナンで絶対に泊まるべきゲストハウス!

 

 The Vietnam Hostel

ここのゲストハウスは庭園、テラス、共用ラウンジ、無料Wi-Fiなどの多くの設備があるほか、レストラン、バーを提供しています。

ゲストハウスの手前にはハン市場が目の前にあり、そのほかのアクセスがとても便利な立地です。

さらにベット、シャワールームが綺麗でスタッフも親切なのでとてもオススメできます!!

>>>The Vietnam Hostelの詳細はこちら

 

↓ダナン中心部にあるからアクセス神!

The Compass Hostel

このゲストハウスはダナンビーチ沿いにあるため、ビーチへのアクセスが非常に良いです。

またベット、シャワールームの清潔感もあり快適に過ごすことができます!

雰囲気もとてもよくて、可愛らしいグッズも飾られています。超オススメです!

>>>The Compass Hostelの詳細はこちら

 

↓ダナンビーチの近くに!海にいつでもいけちゃう!

まとめ ベトナムに来たらダナンへ行く理由

 

ベトナム中心部に位置する「ダナン」という都市がなぜこんなにも人気なのかわかってもらえたでしょうか?ダナンは日本との時差も2時間しかない上に、温暖な気候で過ごしやすく、のんびりすることができます。

 

さらに見応えある観光地もたくさんあり、日中は観光地巡り、そして夜は海でも眺めながらゆっくり過ごすといった夢のようなスケジュールを組むことができます。

 

この記事を読んでくださった人は是非「ダナン」にいってみてください!

[kanren postid=”794″]

よく読まれている記事はこちら

  1. 【超閲覧注意】赤ちゃんの死体が飾られているシリラート博物館に行ってみた
  2. 【日本と違いすぎる?】フィリピンに住み初めてビックリした慣習5選!
  3. 【世界が大注目!】僕が生まれ育ったアートの島直島とは?
  4. 【セブIT留学】セブIT留学している大学生が語る一週間の生活・授業体験談
  5. 島民が語る!はじめて「直島」に行く前に知っておくべきこと!