大学生活

【超厳選】大学生バックパッカーが選ぶ絶対に旅すべきアジア国ベスト5

ケージー
ケージー
こんにちは!現在通っている大学を1年間休学してフィリピンIT留学を3ヶ月間した後バングラデシュでエンジニアとしてインターンしている大学生、ケージーです。

YouTubeアカウントチャンネル登録者はおよそ1400人

 

こんな人に読んでもらいたい

・海外に出たいし興味があるけど一歩を踏み出せない!

・初めてアジアの国々を旅してみたい!

・バックパッカーになって日本を飛び出したい!

 

現地点で世界中には195カ国以上の国があります。これからさらに国の数が増えていく可能性もあります。

僕自身は195カ国分の11カ国を旅してきました。

 

分母があまりにも大きすぎるので11という数字が大して大きくないように見えてしまいますが、19年という人生の中で11カ国もの国に訪れることができたのはかなり多い方だと思います。

 

今回はそんな旅好きな大学生バックパッカーが本当に訪れてよかったアジア国ベスト5をご紹介したいと思います。

僕が過去に訪れた国は?

僕は19年間で14カ国訪れました。

 

フィリピン、タイ、ベトナム、中国、イギリス、アメリカ、マレーシア、シンガポール、インド、台湾、韓国、バングラデシュ、香港

 

こう並べてみると色々な国に行ったんだなぁとおもえますね。

 

ではベスト5位を発表したいと思います!

 

第5位:多民族国家マレーシア

第5位に選ばれたマレーシアはタイ、インドネシア、ブルネイと陸上の国境線で接しており、シンガポール、フィリピンと海を隔てて近接する連立国家です。

 

首都はクアラルンプール。長い間イギリス領だったため、英語が話せる人が多い国です

 

マレーシアでは多くの人種が共存して住んでいる多文化社会なので日本では体験できないようなことを実際に経験することができます。

 

マレーシアの人種は主にマレー系、中国系、イスラム系、そしてインド系にそれぞれが全く違う文化なのにも関わらず一つの国に共存して国が成り立ってます。マレーシアに訪れた際に一番驚くのはイスラム教の文化を感じれることでしょう。

 

 

毎日五回大きな音でコーランが鳴り響いて、メッカに向かってお祈りをする姿を見ることができるのは西アジア圏以外ではマレーシアしかないと思います。日本では経験できない様々な文化に触れることができて、物価が安く、美味しいご飯を食べることもできるマレーシア。

 

 

僕はマレーシアの中でもペナン島という場所をおすすめします。ペナン島についてはかなり知っているのでペナン島に行ってみたいという方は気軽に連絡ください。

あなたもこれを読んだらマレーシアに行きたくなる!【マレーシア】みなさんこんにちは! ケージー(@kg_backpaker)です! いきなりですがみなさん マレーシアという国を知っていますか? ...

第4位:日本人にとても合う国ベトナム

第4位に選ばれたベトナムは東南アジアのインドシナ半島東部に位置する社会主義共和国で、首都はベトナム北部にあるハノイ。

 

 

ベトナムの経済成長率はインドに続いて二番目で今後まずます注目される国になるはずです。そんなベトナムは東南アジアの中でトップクラスに物価が安いです。

 

例えばベトナムで有名なサイゴンビールは日本円換算でおよそ50円ほどで飲めちゃいます。本当に安いですよね。

 

ただでさえ東南アジアは物価が安いと言われているけど、ベトナムの物価はその中でもトップクラスです。

 

 

しかもベトナム料理は味付けがマイルドなので日本人の舌にマッチする食べものが多くて、食べ物に困ることはないと思います。

 

 

さらにベトナムといえば、、、、、、

 

 

コーヒーですよね!!!

 

ベトナムのコーヒーは香り豊かで価格もリーズナブルなものばかりなのでベトナムに行った際は購入をお忘れなく。

 

観光地面ではダナンをおすすめします。

ダナンは東南アジアのハワイと呼ばれているほど海が綺麗で、南国リゾートにいるような気分になれる場所です。

 

ベトナムに行くならダナンに行くべき理由!【東南アジアのハワイ】ベトナムの真ん中にあるリゾート地「ダナン」。東南アジアのハワイとも称されるこの場所は多くの観光客が訪れる東南アジア屈指の観光地です。 ...

 

ベトナムの人は非常に人懐っこくて、食べ物も日本人に合う国です。超おすすめです!!

 

あなたもこれを読んだらベトナムに行きたくなる!【ベトナム編】広大で美しい自然や歴史的建造物、現地の生活を感じる街めぐりなど、ベトナムへの旅行は日本人にも人気が高まっています。そんなベトナムで行っておくべき観光スポットとおすすめ料理をピックアップ。これを読めばあなたもベトナムに行きたくなりますよ!!...

第3位 旅人の聖地タイ

バックパッカーの聖地として多くの旅人に愛されている国タイ。首都はバンコク

 

タイが第3位に選ばれた理由はやはり日本では感じることのできないタイのみなぎる活気があるからです。

 

昼間はフォトジェニックな場所を求めて、夜はナイトマーケットでお酒を飲みながら美味しい屋台料理を食べる。

 

他の東南アジアでも定番の旅スタイルですが、タイで過ごす夜はやはり格別です。

 

多くの旅人がまず最初に訪れる国タイ。まずどこでもいいから東南アジアに行ってみたい!!という方に全力でプッシュできる国です。

あなたもこれを読んだらタイに行きたくなる!【タイ】 この記事は上記の悩みを解決するために書かれました。 この記事を読めば「今すぐ日本を飛び出してタイに絶対に行...

第2位:親日で日本からの距離も近い国台湾

 

我很喜欢台湾(私は台湾が大好きです)

 

台湾は日本からの距離も近くて親日国として多くの日本人に愛されている国です。

 

厳密には台湾を国という概念で捉えるのは間違っているかもしれませんが、ここでは台湾国として表記していきます。

 

台湾が第2位に選べれたのはまずご飯が超美味しいからです。

台湾料理は他の国の料理に比べて味付けが日本と近いです。薄味というか、味に深みがあるというか。

 

日本人って海外に行って一番困るのって言語が通じないことと食べ物が口に合わないことだと思ってるんですが、台湾では食べ物は間違いなく日本人に合います。

 

夜の屋台で食べ歩きもできるし、喉が渇いたならドリンクスタンドでタピオカを飲むこともできて値段も日本より安い。

 

なので台湾に来て絶品料理を食べてみてください!!

 

そして次に台湾では日本語を話せる人がたくさんいるのでタクシーや駅で分からないことがあれば日本語で対応してくれる人がいるので安心ですね。

 

僕も電車の乗り方が分からなくて戸惑っている時に台湾の方が日本語で声をかけてくれたことがあります。

 

台湾では英語より日本語の方が通じると思います。英語が話せなくて海外に行くのを躊躇ってる人も台湾なら他の国よりもハードルは低いと思いますよ!

とりあえず海外に行きたいやつは台湾に行け!【台湾】日本から片道3時間から4時間で訪れる親日国台湾。日本から近いということもあり近年日本人観光客の人が急上昇しております。 今...

第1位:世界一カオスな国 インド

世界一カオスで面白いと称される国インド。バックパッカーが挙って訪れる国でもあり、一度訪れれば人生が変えることができるとも言われています。

 

また男尊女卑がいまだに激しくて、治安もかなり悪く、危ない国でもあります。

 

しかしそんな国インドを第1位に選んだ理由は僕自身の人生観を変えてくれたからです。

 

インドへ行く前はなーなーに大学生活を過ごし、単位を取ってそのまま卒業するというシンプルで単調な道に進むことを考えていました。

 

しかしインドを2週間旅してからはその道ではなく、もっと自分のスキルをアップして自分自身しかできないような道を歩いていきたいと思えるようになりました。

 

誰しもがインドに行けば人生をプラスの方向に変えることができるとは言い難いですが、人生に悩んでいる方がインドに行ってみると自分なりの人生の歩み方が分かるはずです。そんだけインドには秘めた力があると思ってます。

 

インドで沐浴したり、タージマハルを見たり、寝台列車に乗ったり、たくさんのインド人に騙されたから今の自分がいる。

皆さんもインドに行ってみてください。そしてインドに行く際は是非とも連絡くれたら嬉しいです。

【世界一美しいお墓?】世界遺産タージマハルに行ってみた!タージマハルはムガル帝国第5代皇帝シャー・ジャハーンが、1631年に死去した愛妃ムムターズ・マハルのため建設した総大理石の墓廟です。その荘厳で芸術性の高い佇まいは見るものを圧倒させます。そんなインドが誇る世界遺産を徹底的に解説します!!...

終わりに:大学生バックパッカーが選ぶ絶対に旅すべきアジア国ベスト5

このランキングはあくまで僕の個人的な意見として皆さんには読んでもらいたいです。

 

未だに他のアジアの国に対して、汚いとか治安悪そうとか、そういったネガティブな考えを持っている人が多い中で世界にはその国に行ってみないとわからないことが多いです。

 

インターネットやテレビ、そのような媒体で流されている情報が真実ではないです。

 

東南アジア今ものすごく経済発展してて、都心部なんて東京と張るくらい高層ビルが立ち並んでいる場所もあります。

 

「海外=危ない」という考えはもはや神話です。

 

だからこそこの国行ってみたい!!と思ったらその気持ちを押し殺さずに、海外を旅しましょう。

https://kgbackpaker.com/columns/gooditem-backpacker