直島

島民が語る!はじめて「直島」に行く前に知っておくべきこと!

[voice icon=”http://kgbackpaker.com/wp-content/uploads/2019/06/IMG_8348-2.jpg” name=”ケージー” type=”l big”]

大学生バックパッカーで直島に生まれ育ったケージー(@kg_backpaker)と言うものです。

[/voice]

 

[voice icon=”http://kgbackpaker.com/wp-content/uploads/2019/05/IMG_5786.jpg” name=”” type=”l icon_red”]

・直島の交通機関って充実してる?

・直島を楽しむために知っておいた方が良いことって?

[/voice]

 

この記事は上記の悩みを解決するような記事となってます。

 

ここで紹介する『直島に行く前に知っておいた方が良いこと』『直島の交通期間について』『直島を楽しむために知っておいた方が良いこと』を頭に入れておけばトラブルに遭遇することもなく安心して観光することができます。

 

なぜなら僕は直島で育ち、直島で青春を過ごし、今も直島に実家があるからです。

 

直島は瀬戸内海の離島と言うこともあるのと同時に船の時間的制約もあるため、しっかりとした情報を頭に入れておいた方が効率よく直島を観光することができるでしょう。

 

この記事を読み終えれば『直島に行く前に知っておいた方が良いこと』、『直島の交通機関について』、『直島を楽しむために知っておいた方が良いこと』がわかるはずです。

 

[kanren postid=”613″]

直島に上陸する前に知っておくべきこと

直島についたらまずは港近くにあるコンビニで食料調達

島内に唯一存在するのが宮浦に到着してからすぐの場所に位置する「セブンイレブン」。

 

宮之浦港から徒歩でおよそ5分くらいの場所にあります。

 

 

島内でこのコンビニを逃してしまえば、他の場所にはコンビニは存在しないどころか、コンビニらしきものはなくなってしまいます。

 

特に自転車で直島を観光する方はここで簡易的な食事などを買っておくのを強くオススメします。

 

[voice icon=”http://kgbackpaker.com/wp-content/uploads/2019/05/IMG_5786.jpg” name=”” type=”r icon_red”]

直島の芸術作品が数多く置かれてる「本村地区」は直島の玄関口「宮浦地区」から自転車でおよそ10分くらい場所にあります。しかもアップダウンが激しい道なので本村地区に行く前にコンビニで必要なものを調達しておいた方が良いですよ〜!

[/voice]

観光に一番適してるのは9月〜11月

 

観光客が一番訪れるのは5月のGW、7〜8月の夏休み。

 

上記の期間に直島に来るとそれはもう人人でとんでもない数の観光客が直島を訪れます。

 

しかし観光客が多い期間ということはほとんどの作品に人数規制がかかるということ。要はゆっくりと作品を見る時間がほとんどないのです。

 

アート作品は自分のペースで見るもの。自分が興味を持った作品をじっくりと見て、感性を尖らせることながらアート作品を鑑賞する最大の楽しみであり、これ以上でもこれ以下でもないです。

 

なので僕は9〜11月の期間に直島に訪れることがオススメです。

 

なぜなら観光客が少なくて、穏やかでのんびりとした直島をより肌で感じることができるから。

 

さらにこの時期は直島は島のお祭り期間。島内各地で秋祭りが行われています。この祭りは歴史があり、江戸時代から続く伝統的なお祭りらしいです。

4人の子供達が1〜2時間ほど太鼓を叩きながら、それを島の大人たちが担ぎ、寺の境内まで運ぶ。

 

このお祭りは島民のプチイベントで、僕も小学、中学生の時友達と祭りを見に行ってました。。

 

この期間は瀬戸内海に浮かぶ小さな島「直島」らしい姿を見ることができますよ。

直島を観光するにはサイクリングがオススメ?

島民の意見としては直島を観光するには自転車を使うのがオススメです。

 

理由は以下の通りです。

 

[box class=”red_box” title=”直島を観光するのに自転車がオススメな理由”]

・直島の大自然と瀬戸内海の長閑な海を感じれる

・直島町営バスは便数が少ない

・バスよりも島内を自由に観光することができる

[/box]

 

 

 

直島町営バスは、コンパクトで、十数人しか乗れないので、混雑すると乗れなくなる可能性があるので注意してください。

 

[voice icon=”http://kgbackpaker.com/wp-content/uploads/2019/05/IMG_5786.jpg” name=”” type=”r icon_red”]

1時間に1本程度しか走っていないバスなので少し不便です、、。

[/voice]

 

また車で直島に来られる場合は駐車場が少ないので注意してください。

 

一番確実に車を停められる場所は南寺の近くにあるPです。大半の車はそこで停められます。

直島を楽しむために知っておいた方が良いこと

地中美術館は事前予約が必要

地中美術館に入場するには事前予約が必要です。

 

2018年8月1日より、オンラインチケットによる予約制に変更になりました。

 

 

それに加えて、環境保護のため美術館の入場人数に定員を設けたので地中美術館に行く際はしっかりとHPで情報を確認しておきましょう。

 

↓地中美術館の入場料金は以下の通りです。

料金
子供(15歳以下) 無料
大人 2060円

 

[maxbutton id=”2″ url=”http://benesse-artsite.jp/art/chichu.html” text=”地中美術館の予約はこちら” ]

 

ベネッセアート直島は月曜日が休館日

 

地中美術館、家プロジェクト、そのほかの作品も月曜日は休館日となってます。

 

またそれに合わせて直島の飲食店の多くも月曜日はお休みの場所が多いです。

 

月曜日はお休みということを頭に入れておいてくださいね。

 

[voice icon=”http://kgbackpaker.com/wp-content/uploads/2019/05/IMG_5786.jpg” name=”” type=”r icon_blue”]

けど直島の「セブンイレブン」は月曜日も営業してるので安心してね。

[/voice]

まとめ

直島はありがたいことにますます日本のみならず、世界からも注目を集めています。

 

僕は島民として直島で育ったことを誇りに思ってますし、直島にきてくれた観光客の方にも直島にきたよかった!と言ってもらいたいと思ってます。

 

今後直島についてもっと知りたいこと、知っておいたほうが良いことなどがあれば気軽にご連絡ください。僕自身が知っているかぎる直島のことを教えますのでよろしくお願いします。

 

[voice icon=”http://kgbackpaker.com/wp-content/uploads/2019/05/IMG_5786.jpg” name=”” type=”r icon_yellow”]

直島で待ってるよ〜〜〜

[/voice] [kanren postid=”613″] [kanren postid=”1602″]

よく読まれている記事はこちら

  1. 【超閲覧注意】赤ちゃんの死体が飾られているシリラート博物館に行ってみた
  2. 【日本と違いすぎる?】フィリピンに住み初めてビックリした慣習5選!
  3. 【世界が大注目!】僕が生まれ育ったアートの島直島とは?
  4. 【東南アジア随一の英語大国】 どうしてフィリピン人は世界第3位の英語大国なの? 
  5. 【セブIT留学】セブIT留学している大学生が語る一週間の生活・授業体験談