インド情報

インドの玄関口ニューデリーって治安良いの?ニューデリーでの安全対策を解説

 

[voice icon=”http://kgbackpaker.com/wp-content/uploads/2019/06/IMG_8348-2.jpg” name=”ケージー” type=”l big”]

大学生バックパッカーで現在フィリピンにIT留学中のケージーです。

[/voice]

 

[voice icon=”http://kgbackpaker.com/wp-content/uploads/2019/05/IMG_5786.jpg” name=”” type=”l icon_yellow”]

・インド ってほんとに安全なの?

・ニューデリーって犯罪の多い危険な場所なのでは?

・ニューデリーのおすすめゲストハウスは?

[/voice]

 

このような悩みを解決するような記事となってます。

 

ここで紹介するニューデリーでよく被害にあっている犯罪のケースや対策方法、おすすめゲストハウスを頭に入れていけば被害にあわず案してニューデリーを楽しむことができます。

 

なぜなら去年夏に大学1年生であった僕は事前に下準備や情報収集をすることで何事も起きずに楽しんでニューデリーを観光することができたからです。

 

ニューデリーでは最近日本人がインド人に騙されたり、犯罪にあったりするケースが多発してます。

 

この記事を読み終えれば『ニューデリーで起きている犯罪ケース』『事前準備をしっかりと行っていれば被害に合うケースは劇的に少なくなる』ということがわかるはずです。

 

ニューデリーは最新の注意、下準備をすれば観光できます!(夕方、真夜中以外)

ニューデリーと聞いて『治安が良くて、綺麗で、詐欺が少ない場所』と想像する人はほとんどいないでしょう。

 

ほとんどの人が『治安が悪くて、汚くて、カオスで、詐欺が多い場所』というイメージを持っているはずです。

 

他のインドの都市と比べても、一番詐欺被害が多くて日本人が日が被害にあっているのも事実です。

 

しかし、ニューデリー最新の注意と日本での下準備を怠らなければ安全にニューデリーを観光できます。

 

  • 実際にニューデリーでは日本人がどのような被害に合っているか
  • ニューデリーで詐欺を働く人の特徴
  • ニューデリーで詐欺に遭わないようにする方法

 

実際にニューデリーを大学1年生の時に旅して、一度も被害に遭わなかった僕が上記の3パターンからニューデリーを安全に楽しんで観光する方法を紹介します。

 

[aside type=”warning”]

ニューデリーの外の出歩きはとても危険なので一人で出歩かないようにしてください。せめてグループで外出するようにしましょう。

[/aside]

実際にニューデリーでは日本人がどのような被害に合っているか

詐欺

 

多くの日本人がインド人から詐欺を働かせられて、大金を奪われてます。

特にニューデリーはインドの首都でなので、インドに到着したばかりの観光客が袋叩きにされるケースが高いです。

 

詐欺を働かされるケースは以下の3つがほとんどです。

 

[box class=”yellow_box” title=”ニューデリーで起きている詐欺ケース”]

・リキシャー(インド版トゥクトゥクのようなもの)

・メニューのないローカルなお店

・情報収集せずに訪れたインド人が運営しているゲストハウス

[/box]

 

特にトゥクトゥの値段交渉は絶対に行ってください。

なぜなら100%と言って良いほど最初の値段が高めに設定されているからです。

本来は40ルピーでいけるのに、彼らの巧みな口に負けて120ルピーや150ルピーなど高額な支払いにならないように気をつけましょう。

インドについていきなりで疲れると思いますが、インド人に負けないように頑張ってください。

 

窃盗

 

窃盗は特に日がくれた時間帯に発生しやすいです。ニューデリーに到着したのが深夜帯である観光客をターゲットにするケースが多いです。

またニューデリーでは窃盗の被害が一番多いので十分に注意してください。

 

[box class=”yellow_box” title=”窃盗を防ぐ方法”]

バックパックに南京錠をかける

パスポートや財布が入ったバックは前にもつ

お店で買った飲料品のフタが空いてないか確かめる(薬が混合している場合がある)

[/box]

少しの気の緩みにより被害に合ってしまうことが多いです。気を引き締めて被害に遭わないようにしましょう。

 

ニューデリーで詐欺を働く人の特徴

日本語が堪能である

日本人を騙したりするインド人は大半は日本語が堪能です。ビックリするくらい日本のことを知っていたり、日本の芸能人の話など日本人の心を掴むように日本に関連した出来事を話してくれます。

 

上記のケースは多くの場合詐欺や騙しを働いてくるインド人なので十分に注意してください。

 

僕がニューデリーで出会った詐欺を被るインド人は以下のような特徴がありました。

 

[aside type=”boader”]

・やたら「日本が大好きだ」と話かけてくる

・関西弁を堪能に喋れるて「なんでやねん」と連呼してくる

[/aside]

 

[aside type=”normal”]

しかしただ日本人、日本文化が好きで話しかけてくるインド人も多くいます。なのかこの人は怪しそうと思った時はあまり信用しないようにしてください。

[/aside]

 

日本人とわかった瞬間媚を売ってくる

 

どこ国から来たのかと聞かれて日本人とわかった瞬間に態度が変わル人には注意してください。日本人とわかった瞬間お金を要求してきます。

特にニューデリーは人を騙す人が多いので注意してください。

被害に遭わないためにも事前に下準備をしておくこと最重要

事前に下準備をしておく

 

ニューデリーに到着するまでに情報取集をしっかりしておくことが一番重要です。情報収集をしていないとニューデリーでどういった被害があるのか、どういった場所が危ないかを把握できなくなります。

 

ニューデリーにくる前に緻密な情報収取をするようにしましょう。

ここでオススメの情報収集の仕方を紹介します。

 

地球の歩き方

インドの基本情報はこれを読んでおけば大丈夫です。

 

地球の歩き方には色々な都市の基本情報、おすすめ観光スポット、インドの物価などインドでしておくべき基本情報が載っています。

 

もちろんニューデリーについても詳しく書かれているので日本にくる前に読んでおきましょう。

 

[kanren postid=”1023″]

 

インドを旅したことある人から話を聞く。

地球の歩き方には実際に起きた犯罪やどの地域が危険かどうかの情報は書かれていません。

 

実際にニューデリーの治安情報やどのような犯罪の被害に会っているのかを調べるにはネットに散乱しているブログ記事など読むことが大事になってきます。

 

もちろんこの記事も参考にしてほしいですが、他のニューデリーについての記事も読んで頭に入れておくことをオススメします。

 

ニューデリーでおすすめのゲストハウス

ニューデリーで一番おすすめなゲストハウスは絶対にサンタナゲストハウスをオススメします。

 

サンタナゲストハウスをおすすめする理由は以下の通りです。

[aside type=”boader”]

・日本人経営のゲストハウス

・日本人同士でニューデリーの情報交換できる

・口コミで高い評価を受けてるから安心して宿泊できる

[/aside]

ニューデリーではサンタナゲストハウスに宿泊するようにしましょう。インドに出国する前に事前予約をしておいた方が良いです。

 

[maxbutton id=”2″ url=”https://indiasantana.net/delhi/” text=”サンタナゲストハウスをチェックする” ]

 

下準備さえすれば本当に面白い国インド

 

インドは悪い噂が絶えない国ですがしっかりとした準備をしていけば本当に楽しんで観光できる国です。インドで見る景色、スパイスの香り、国民性、生活環境全てが新鮮でワクワクが収まらない国です。

 

 

インド人は基本人懐こくて、笑顔が素敵で、人間味が溢れる素晴らしい国民性を持った人が多いです。

 

しっかりした準備をしてからインドに行くようにしてください。

まとめ

 

ニューデリはインドの玄関口なので、たくさんの日本人が犯罪に巻き込まれています。これを読んでくれたみなさんが安全なインド旅をできることを祈ってます。

 

[voice icon=”http://kgbackpaker.com/wp-content/uploads/2019/05/IMG_5786.jpg” name=”” type=”r icon_yellow”]

ENJOY YOUR INDIAN TRIP!

[/voice]

 

[kanren postid=”563″]

よく読まれてる記事はこちら

  1. 【超閲覧注意】赤ちゃんの死体が飾られているシリラート博物館に行ってみた
  2. 【日本と違いすぎる?】フィリピンに住み初めてビックリした慣習5選!
  3. 【世界が大注目!】僕が生まれ育ったアートの島直島とは?
  4. 【東南アジア随一の英語大国】 どうしてフィリピン人は世界第3位の英語大国なの? 
  5. 【セブIT留学】セブIT留学している大学生が語る一週間の生活・授業体験談