ミャンマー Myanmar

マンダレーを観光する前に知っておきたい見どころ・観光情報を紹介

ケージー
ケージー

みなさんこんにちは!大学生バックパッカーのケージーです!

 

この記事で知れること

・ミャンマー第二の都市マンダレーとはどんな場所なのか?

・マンダレーの見どころや観光情報は?

この記事は以上の悩みを解決するために書かれたものです。

この記事を読めば「ミャンマー第二の都市マンダレーの全貌」、「マンダレーの観光スポット」が分かるはずです!

それでは行っていきましょう!

🔻ミャンマーへの格安航空券検索はこちらから

ミャンマー第二の都市マンダレーとは?

マンダレーはミャンマー中心部に位置し、ミャンマー国内でヤンゴンにつぐ都市でミャンマーで二番目に大きな都市とされています。

 

また大英帝国に併合されるまでの間、独立を保ったミャンマー最後の王朝であるコンバウン朝の首都だったため、古き良き雰囲気を感じとることができるはずです。

マンダレーの観光スポット

マンダレーに観光スポットは主に〇〇あります。その中でも僕が厳選してご紹介するのは以下の二つです。

・シンピューメ・パゴダ

・ウーベイン橋

どれでは各観光スポットを見ていきましょう。

シンピューメ・パゴダ

シンピューメ・パゴダは美しすぎる白銀のパゴダとの異名をもち、ホワイトパゴダとも呼ばれています。このパゴダはマンダレーから少し離れいるミングォンという所にあり、ボートを使わないと辿りつけない場所に位置します。

 

 

KG君
KG君

ミングォン地区に入場する際に5000チャット(約400円)必要になるので事前に準備しておきましょう!

 

そしていざミングォン地区に入り散策すると見えてくるがシンピューメ・パゴダです。このパゴダはインスタ映えすると話題で多くの観光客の方が写真を撮っていました。

 

本当に白銀のパゴダで美しすぎるという名にふさわしい場所やなと思ってしまいました。

ウーベイン橋

世界で一番長い木造建築橋として君臨しているのがウーベイン橋です。全長11kmでコンクリートや鉄筋などを一切使わず、木材だけで作られた歴史的な橋です。

マンダレーから南に南に降った所であるアマラプラにウーベイン橋があります。

歩いてこの橋を渡るのに片道約25〜30分かかるくらい長い橋です。しかし本当にたくさんの観光客で賑わっており人気の観光地なんやなと感じました。

おわりに

いかがだったでしょうか?マンダレーはヤンゴンやバガンと比べると知名度は落ちてしまいますが見るべき場所は大いにあります。本当に魅力的な場所やと思ってます。

 

ヤンゴンほど都会すぎず、バガンほど田舎すぎないちょうど良い感じの都市がマンダレーやと思います!

 

みなさんも是非ミャンマーに来た際はマンダレーに行ってみてください!

ケージー
ケージー

またもっとマンダレーのことを知りたい!と思った方はマンダレーを散策してみた動画をアップしているので是非そちらをみていただいてイメージを持っていただきたいです!