フィリピン情報

【東南アジア随一の英語大国】 どうしてフィリピン人は世界第3位の英語大国なの? 

日本から飛行機で約4〜5時間。時差はおよそ1時間ほど。

東南アジアに位置する島国フィリピン。

フィリピンに観光で訪れる人も多いですが、やはり英語を学ぶために短期留学という形でやってくる人が近年多いです。

 

そんな英語留学に適しているフィリピンですが

 

KG君
KG君

どうしてフィリピン人は英語を話せるのか?

 

と思っている方がきっと多いはずです。

 

今回はその「フィリピン人がなぜ英語を話せるのか」の謎を紐解いていこうと思います!

 

この記事で知れること

・フィリピン人の講師とオンライン英会話をしている方

・今フィリピンに英語留学にきている方

・これから留学にくる予定の方

・フィリピンについてより深く知りたい方

フィリピンは世界第3位の英語大国

ほとんどの人は留学先を選ぶ場合アメリカやカナダ、オーストラリア、イギリスなどの英語圏を選ぶと思います。

 

しかし近年その選択肢の中に「フィリピン」という選択肢が増えつつあります。知ってる人は少ないかもしれませんが、フィリピンはアメリカ、そしてインドに次いで世界で三番目に英語を話す国民が多い英語大国なのです。 

 

これには僕自身もビックリしました。てっきりオーストラリアとかイギリスの方が多いと思ってたんですが、フィリピンすごいですね。

見渡せばいたるところに英語が存在する環境

 

フィリピン国内、あたりを見渡せばいたるところに英語の掲示板、テレビをつければ、全て英語とフィリピン国内では身の回りから英語に触れ合える機会が半端なく多いです。

 

ここは東南アジアだよね?と歌がてしまうほど英語が浸透してます。

 

そして歌とダンスが大好きなフィリピン人はいつも洋楽を夜でもおかまいなく、ガンガンかけて朝まで歌って、踊ってます。

 

フィリピンでは英語と一緒に育っていくのが普通であり、英語に囲まれている環境が当たり前であると認識されているようです。

フィリピン人は子供時代から日常的に英語に触れること機会が非常に多いということ。

小学五年生から授業もオールイングリッシュ

 

ほとんどのフィリピンの学校では小学校5年生ぐらいから理科や数学などが全て英語で授業が進められるようになり、英語できなければ授業についていけなくなるという状況になってしまいます。

 

また中学、高校に上がるにつれて見つけなければならない英語のレベルが上がり、大学卒業する時にはネイティブと肩を並べるほど英語を使いこなせるようになると言われています。

しかし英語レベルが追いつかなくなったりした生徒の多くは学校を途中で退学してしまう子も少なくないそうです。

 

フィリピン人にとって英語を話すということは人生を左右するものです。

 

もし英語を話せるようになれば、海外の企業で働くこともできるし、インターネットでオンライン講師として英語を教えることもできる。

 

 

英語習得とはフィリピン人にとって人生を努力次第で豊かにできる選択肢でありだからこそ彼らは一生懸命に英語を勉強して勉強して、いい会社に就職し、良い生活を送るためにもを努力し続けているのです。

アメリカに植民地化され、言語統一が行われた

1521年、スペインの派遣したマゼラン船団が太平洋を抜け、フィリピンにたどり着いたがマクタン島のラプラプに殺されてしまいました。

 

KG君
KG君

フィリピンでは今でもラプラプは英雄として大人気です。

 

それからフィリピンに目をつけたスペインは力尽くでスペイン領にしようと何度も遠征を行い、フィリピンという名称はスペイン国王のフェリペ2生に因んで付けられました。(この時期のスペインは海外植民地を大量に持っており、「太陽の沈まなき国」。まさに黄金期でした)

 

 

それから人権のない、フィリピン人をただの道具としか見ていない植民地支配が始まったのです。

 

当初のスペイン支配はラテン=アメリカ地域と同じくエンコミエンダ制がとられ、フィリピン占領に功績のあったスペイン人に一定の地域の原住民の管理を任せ、キリスト教の布教を条件に租税の徴収をさせました。

 

KG君
KG君

エンコミエンダ制度は本当に非人道的な制度で、この制度によって多くのフィリピン人がなくなってしまいました。

 

しかし19世紀末、ホセ=リサールに指導されたフィリピン民族運動が高揚、1896年にはフィリピン革命が勃発します。

 

 

革命は失敗したが、1898年に米西戦争が起こったことを受けて、1899年1月フィリピン共和国は独立宣言を行い米西戦争の結果、フィリピンを領有したアメリカはフィリピンの独立を認めず、同年、フィリピン=アメリカ戦争が起ってフィリピンは負けてしまいます。

 

そして1902年にフィリピン共和国は敗れて倒され、アメリカの植民地支配が開始され、言語統一が行われて、英語がフィリピンに浸透するようになったのです。

 

 

要はフィリピンが世界第3位の英語大国になった大きな要因は皮肉にもアメリカの植民地支配の歴史があるからなのです。

多言語国家であり100以上も言語が存在している

フィリピンには大小合わせれば7千以上の島々があり、大言語といわれるタガログ語やセブアノ語をはじめとして、100以上の言語集団があります。

 

日本人に大人気のセブ島ではタガログ語ではなくセブアノ語が話されています。

 

フィリピン人にとって共通言語は英語ということになります。タガログ語はマニラ周辺で話されている言葉で、セブでは別のセブアノ語というものが話されています。

 

またフィリピン人は異なる言語を話すことに長けているというか慣れているようにも見えます。

 

僕のフィリピン人の先生は小学3年生の時にマニラからセブに引っ越してきて、タガログ語しか喋られないにも関わらず3ヶ月ほどでセブアノ語を完全習得したらしいです。

 

 

要はフィリピン人にとって英語を話すことは他のフィリピン人と意思疎通するということなんですね。

 

終わりに:どうしてフィリピン人は世界第3位の英語大国なの?

まとめ

フィリピンは世界第3位の英語大国

見渡せばいたるところに英語が存在する環境

小学五年生から授業もオールイングリッシュ

アメリカに植民地化され、言語統一が行われた

多言語国家であり100以上も言語が存在している

 

フィリピン人の英語に対しての姿勢は本当にすごいです。日本もいつかフィリピンみたいに英語がペラペラな国になってほしいですね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事をシェアしてもらえたら嬉しいです!

フィリピンに住み初めてビックリした日本と違う慣習5選!海外で生活していると思わず目を疑ってしまう習慣や日本では考えられない文化に直面することがあると思います。フィリピンも同じで日本と異なった文化や習慣を持っています。フィリピンに行く前に知っておきたいフィリピン独自の文化や習慣をご紹介していきます。...